掲載情報の見方

■この情報は山小屋へのアンケートや情報誌等のデーターを基に編集しています。
■データーが更新されていない場合や状況の変化による変更等が生じることがありますのでご注意下さい。
■表記中の[項目:]の後が空欄の場合は該当しないか不明です。
■予約時に必要なことは事前にご確認下さい。
施設
西駒山荘 標高 2685m
県名
長野県 山域 中央アルプス 最も近い
登山口
桂木場 5時間
経緯緯度  
現地所在地
〒396-0021 長野県伊那市伊那7119-1
TEL 090-2660-0244 FAX
営業期間
7月の第二土曜日~10月の第二月曜日
期間外連絡先 〒396-8617 長野県伊那市伊那部4870 伊那バスターミナル内 伊那市観光(株)
TEL 0265-71-5577 FAX 0265-76-6699
ホームページ
e-mail
KNK@inacity.jp
部屋数
  収容人数 40名
個室他
 
宿泊料金
●一泊二食¥7500(一般・個人・寝具付)、¥7300(一般・個人・寝具無し)、¥7300(一般・団体・寝具付)、¥7100(一般・団体・寝具無し)、¥6300(小学生・個人・寝具付)、¥6100(小学生・個人・寝具無し)、¥6100(小学生・団体・寝具付)、¥5900(小学生・団体・寝具無し) ●素泊まり¥5000(一般・個人・寝具付)、¥4800(一般・個人・寝具無し)、¥4800(一般・団体・寝具付)、¥4600(一般・団体・寝具無し)、¥3800(小学生・個人・寝具付)、¥3600(小学生・個人・寝具無し)、¥3400(小学生・団体・寝具付)、¥3200(小学生・団体・寝具無し) ●休憩料¥150(小学生以上) ●朝食¥1200 ●昼食¥1100 ●夕食¥1300 ●炊事料¥600 ●お弁当¥1000 ※小学生未満の宿泊料・休憩料は無料です。 ※団体とは代表者を含め10名以上の場合です。※炊事料とは米・野菜などの材料を持参し調理のみ依頼の場合を言います。
予約の方法
収容人数も40名と小規模なため電話にて連絡をお願いします。 宿泊予約は営業期間中は山荘または伊那市役所で受け付けております。 キャンセル料はありませんが、キャンセルの場合は必ず連絡をお願いします。
設備
テント場:無し 水場:有り 洗面室:無し 備品:無し 談話室:有り テレビ:有り 診療所:無し トイレ方式:外のみ(紙ふくろ式トイレ 一枚100円) 乾燥室:無し 自炊場:無し *トイレ方式の内は小屋内、外は小屋の外です
売店
営業時間: コーヒー: ジュース:300円 スポーツドリンク:300円 缶ビール:350ml=500円 生ビール: お土産: オリジナル商品: その他
朝食
 
夕食
山荘名物「西駒ンカレー」
軽食
 
飲料水
: : 
温泉
 
通信状況
公衆電話:無し 携帯電話:圏内Docomo au 携帯充電:可
特記事項
小屋の設置経過 大正2年(1913年)8月27日における、中箕輪尋常高等小学校西駒ヶ岳修学旅行の遭難は、引率者であった赤羽長重校長以下11名の死亡者を出す、駒ヶ岳有史以来の大惨事であった。(この遭難を題材にした新田次郎の小説が聖職の碑である。昭和53年には同小説を東映が映画化し、現地ロケも行われた。)この遭難を契機に、大正4年(1915年)の6月、避難小屋として登山口の地元地区の人達によって建てられたのが、西駒山荘の前身である「伊那小屋」であった。以後、登山者の増加に伴って大正15年には増築を行い、宿泊や食事の提供を行ってきたが、駒ヶ岳ロ^プウェイの架設により、桂木場より入山する登山者の数が激減し、採算がとれなくなった。このため、昭和46年より市の直営となり現在に至る。途中、何回かの増改築を行っているが、東側の石室は大正2年当時のまま残されており、貴重である。

口コミ情報 (色んな情報をお寄せ下さい。ただし、公序良俗に反するコメントは掲示致しません)

コメントを残す



(このメールアドレスは表示されません)

画像中の文字と数字を入力して下さい。キャプチャ(CAPTCHA)認証コードイメージをクリックすると違う文字候補が出てきます。


logo.png